高知市の不動産・賃貸情報なら【四国不動産】 > 株式会社四国不動産のスタッフブログ記事一覧 > リバースモーゲージとは?老後資金問題に悩む高齢者は必見!

リバースモーゲージとは?老後資金問題に悩む高齢者は必見!

≪ 前へ|すまい給付金で住宅購入時の負担が減らせる!支給条件や流れとは?   記事一覧   マイホームをスマートハウスにするメリットデメリットとは?|次へ ≫
カテゴリ:知って得する住宅情報

リバースモーゲージとは?老後資金問題に悩む高齢者は必見!

近年、話題になっているのが「老後2,000万円問題」ですが、この金額はかなり甘い算出であるという専門家もいますので、老後資金に不安のある高齢者にとっては死活問題ですよね。
そんな不安を解消してくれる仕組みが「リバースモーゲージ」です。
今回は、仕組みからメリット・デメリット、おすすめの人まで詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

リバースモーゲージとは?仕組みも解説

リバースモーゲージとは?仕組みも解説

簡単に言えば「住んでいる自宅を担保に、老後資金を融資してもらう」という商品です。
年金問題がささやかれる中で「本当に老後はこのままで大丈夫だろうか?」と思われている高齢者には、その不安を解消してくれる可能性があります。
年金だけでは老後の生活費などが足りない場合、住んでいる自宅を担保に住み続けることができ、借り入れをおこなうことで年金以外の資金が確保できます。
借り入れした本人が亡くなった場合に、その自宅を売却などで処分して借入金を返済するという仕組みです。
融資を受けている間は、利息の返済のみおこなう必要があり、元本の返済方法は「担保にしている自宅の売却」のみではなく「自己資金での返済」などがあります。
契約対象者は一般的に55~65歳以上の高齢者です。
※りそな銀行のように50歳から申し込みできる場合もあれば、社会福祉協議会のように65歳以上から申し込みできる場合もありさまざまです。
取り扱っているのは「銀行などの金融機関」もしくは「社会福祉協議会」です。

住宅ローンとの違い

通常の住宅ローンは、初めにまとまった借り入れをおこない、借入金を利息込みで毎月「元金+利息」を支払っていく返済方法です。
リバースモーゲージは逆で、毎月の借入金(自宅の評価額を元にした金額)を受け取ることができます。
住宅ローンとは違い「利息のみ」の支払いとなり、亡くなってから担保となる自宅を売却するなどの、一括返済をおこなう方法です。
こんな仕組みから、リバース(逆)モーゲージ(抵当・担保)という商品名となっています。

リバースモーゲージのメリット・デメリットとは?

リバースモーゲージのメリット・デメリットとは?

高齢者にとっては、老後問題の悩みが解消される嬉しい商品ですが、具体的にどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

月々の支払いが利息のみ

住宅ローンでは「元金+利息」を支払うのに対し、月々の返済が利息のみで済みますので、毎月の支出負担が減ります。

元金の返済は借り入れした本人が亡くなったあと

借り入れした本人が生存しているうちは、上記で説明したとおり利息のみで済み、元金自体の返済は亡くなった後に、現金や自宅売却での一括返済が可能です。
さらに、生存中に繰上返済することもできます。

自宅に住みながら借り入れできる

老後資金を借り入れする際に自宅や土地が担保になりますので、そのまま借入金を受け取りながら住み続けることができます。

配偶者への老後資金リスクを減らせる

借り入れた本人が亡くなった場合、一緒に住んでいた配偶者に契約を引き継ぐことができる金融機関があります。
引き継ぐことができれば、配偶者の老後資金リスクを軽減させることができます。

金融機関独自の「リバースモーゲージ型住宅ローン」なら比較的自由な使い方ができる

事業資金および投資目的以外なら、下記のような使い方が可能です。

●老人ホームの入居資金
●自宅のリフォーム資金
●老後の生活資金
●趣味などの娯楽資金
●子供への生前贈与資金


一般的には「社会福祉協議会」や「住宅金融支援機構」が提供していますが、下記のような使用用途に限られます。

●社会福祉協議会では「老後の生活資金」のみ
●住宅金融支援機構では「本人所有の住宅建設・購入・リフォーム費用、老人ホームの一時金、住宅ローンの借り換え、子世帯などの住宅資金」のみで、老後の生活資金には使えない


ですから、自由な使い方を望まれるなら、金融機関独自の「リバースモーゲージ型住宅ローン」がおすすめです。

住宅ローンの負担を減らせる

定年後に住宅ローンが残っている場合は、リバースモーゲージへの切り替えが可能です。
これまで住宅ローンの「元本と利息」支払いだったのが、切り替えることで支払いは「利息」のみとなるだけではなく、老後資金も借り入れできるので生活に余裕が生まれます。
さらに、まとまった預貯金などがある場合は、資産を大きく減らすことなく老後生活を過ごすことができます。
ここまでメリットをご紹介しましたが、当然デメリットもありますのでご紹介していきます。

金利変動リスクがある

多くの金融機関では「変動金利」を採用していますので、状況に応じて金利が上昇してしまうリスクがあります。
金利が大幅に上昇してしまうことで、元々の借入金が減少してしまう場合や、生活資金への負担が増える可能性があります。
ただし、他の金融商品にもいえることで、この商品に限ったことではありません。

担保評価の下落リスクがある

借り入れできる金額は、担保にしている自宅などの担保評価額に応じて算出されます。
この評価額は一度算出されたらずっと適応されるわけではなく、基本的に毎年一度は見直しがおこなわれています。
その際に、さまざまな理由によって価値が下がってしまうリスクがあり、借入残高よりも融資限度額が下回ってしまった場合は、差額を返済する必要が出てきます。
最悪の場合は、自宅を手放さなければならないケースもあります。

長寿リスクがある

現代では医療技術が発達し「人生100年時代」ということもあり、長寿な人が増えていることは喜ばしいですが、リバースモーゲージの仕組み上は不利になります。
というのも、自宅などの評価によって借り入れられる金額が決まるので、融資限度額まで使い切ってしまう可能性があり、その場合は早期に自宅を売却しなければいけないリスクがあります。
上記のようなリスクはありますが、極端な変動などが起こらない限りは、それほど心配する必要はありません。
あくまで金融商品ですから、良い部分もあれば悪い部分もあるということを理解して頂いて、検討してみることをおすすめします。

リバースモーゲージがおすすめの人とは?

リバースモーゲージがおすすめの人とは?

では、どんな人におすすめなのかを解説していきます。

預貯金や現金が少ない人

現金や預貯金が少ない人は、老後資金問題はかなり深刻だといえます。
ですが、現金や預貯金はないにしろ、資産価値のある自宅を持っていれば担保にして、老後資金を借り入れすることができます。
さらに、借入期間中も自宅に住むことができるので、老後資金の節約にも向いています。

住宅ローン返済が辛い人

通常の住宅ローンでは「元本+利息」を支払うので、生活資金の負担になっていることは確実です。
それを借り換えることができるので、生活資金負担を減らしつつ借入金も受け取れるので、老後の生活が楽になります。

将来は老人ホームに入ろうと考えている人

将来的に体が不自由になるリスクや、配偶者が亡くなって1人になるケースを考えて、老人ホームへの入居を考えていれば、借入金の中から入居費用の一部に充てることができます。
その場合は、使用用途が幅広い商品を契約しておきましょう。

自宅の相続人がいない人

子供がおらず自宅を相続させる相手がいない場合は、年金以外の老後資金を受け取りつつ生活することができるので、余裕のある余生を送ることができます。
使うのみならず、いざという時のために蓄えることもできます。

まとめ

リバースモーゲージは、老後資金問題を抱えている高齢者にとって、不安を解消してくれる金融商品となります。
金融機関によって条件が異なりデメリットもある一方で、メリットも多く活用方法が充実している点も魅力的です。
せっかくの人生なので、老後を豊かに過ごすために活用の検討をおすすめします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|すまい給付金で住宅購入時の負担が減らせる!支給条件や流れとは?   記事一覧   マイホームをスマートハウスにするメリットデメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約